【WP初期設定】初心者向けWP設定やること一通りまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP初心者さん向け初期設定 WPをサーバーにインストールした後、すぐに記事を書いてみたくなりますが、まずは初期設定を一通り済ませておきましょう。

※プラグインでできることはまた別途おすすめプラグインの設定で行います。

<スポンサードリンク>


初心者向けWP設定やること一覧


  • SSL化設定
  • パーマリンク設定
  • タイトル・キャッチフレーズ設定
  • サイトアイコン設定
  • 検索エンジンインデックスチェック
  • トップ画像・ロゴ画像設定(テーマによる)
  • コント投稿設定
  • カテゴリ設定
  • OGPなどSNS設定(プラグインを使う場合もあり)
  • サイトマップXML設定(プラグインを使う場合もあり)
  • ヘッダー&フッター設定

ざっと上記の内容を設定しておけば、まずはひと段落という感じです。使っているテーマやサイトの用途によっては不要なものもあります。

一つ一つ説明していきますね。

SSL化設定


最初にSSL化設定を行います。
SSLとはサイト自体の通信を暗号化しておくことです。

URLがhttpから始まるWebページは通信が暗号化されておらず、第三者によってブラウザーとサーバー間の通信データを盗聴・改ざんされてしまうリスクがあります。
一方SSL化されるとURLがhttps~から始まるようになり、インターネット上でサイトのデータが暗号化して送受信されるようになります。

SSl化されているサイトはURLがhttps~から始まり、ブラウザのURL入力部分に鍵(🔓)マークなどが表示されます。
SSL化済みサイト
逆にSSL化されていないサイトはURLがhttp~から始まり、ブラウザのURL入力部分に注意を促す表示が出てきます。

SSL化してないサイト
ブラウザによって異なりますが、「このサイトは安全ではありません」というような訪問者をドキっとさせるようなメッセージも出るので、セキュリティの面に加えユーザーに与える印象もよくありません。

SSL化の方法は利用しているサーバーによって若干異なりますが、大体の流れは共通していますので、SSL化の手順については別記事でより詳しくまとめています。

参考記事初心者さん向けWPサイトSSL化の手順


パーマリンク設定


次にパーマリンクの設定です。
パーマリンクとは、URL全体の文字のことで、例えばこの記事でしたら

「 https://sukina-koto.com/wp-first/」

となります。
このパーマリンクをWPの初期設定を行わずに記事を書き始めると

「 https://sukina-koto.com/?123」
のように数字の羅列で入力されてしまうこともあり、パーマリンクとしてあまりふさわしくありません。

パーマリンクの考え方は人によって異なりますが、個人的にはなるべくシンプルに、サイト内容を英語表記(もしくはローマ字読み)で設定してあげることをお勧めします。

パーマリンクは以下の部分で設定します。

WP管理画面ダッシュボードの「設定」の中に「パーマリンク」があります。
WP パーマリンクの設定
ここを開くと、パーマリンクの形式が選べるので、「投稿名」または「カスタム」を選んで、個別記事のURL部分を「/%postname%/」と設定してあげることをお勧めします。
WP パーマリンクの設定

タイトル・キャッチフレーズ設定


サイトタイトルとキャッチフレーズも早めに設定しておきましょう。
こちらはいつでも変えることができますが、サイトタイトルはご自身のサイトにとって最も重要なキーワードにもなりえますので、コロコロ変更するのは禁物です。

しっかり考えて設定することをお勧めします。

管理画面のトップページから「ダッシュボード」をクリックします。
サイトタイトルキャッチフレーズの変更
「サイト基本情報」を選び、
サイトタイトルキャッチフレーズの変更
サイトのタイトルとキャッチフレーズを入力します。
サイトタイトルキャッチフレーズの変更
設定して「公開」ボタンをクリックするとサイトに内容が反映されます。

サイトアイコン設定


ついでなのでサイトアイコンも設定しましょう。
サイトアイコンは「ファビコン」と呼ばれることもありますが、タブなどの表示やブックマークした時などに表示されるサイトのアイコンです。

サイトタイトル、キャッチフレーズの設定と同じ場所で「サイトアイコン」の設定ができます。
WPのサイトアイコン設定
サイトアイコンに設定したい画像を選んで。(画像は自分で用意する必要があります。)
WPのサイトアイコン設定
設定すると、ブラウザのタブなどに表示されるようになります。
WPのサイトアイコン設定
設定した後は、「公開」ボタンを押し忘れないようにしてくださいね。

検索エンジンインデックスチェック

時々いらっしゃるのですが、WPでは自分のサイトをGoogleなどの検索エンジンに載せたくない場合のために、検索エンジンがサイトをインデックスしないようにすることが可能です。

「設定」の中の「表示設定」に以下の項目があるので、こちらにチェックが入っていれば検索エンジンにはインデックスしないという意思表示をしていることになります。(チェックを入れていても載ることはあります。)
検索エンジンにインデックスさせない   
意図をもって検索エンジンに載らないようにしている方はよいのですが、時々ここにチェックが入った状態で、何か月経っても検索に自分のサイトがインデックスされないと悩んでいる方にもお会いしたことがありますので、念のために「検索エンジンにインデックスさせない」にチェックを入れてしまっていないかを確認しておきましょう。


トップ画像・ロゴ画像設定(テーマによる)


サイトタイトルなどを設定したら、ついでにトップ画像やロゴ画像を入れておきましょう。
使用しているテーマにもよりますが、タイトル、キャッチフレーズを設定したのと同じ「ダッシュボード」からの「サイトをカスタマイズ」ボタンクリックで開くカスタマイズ画面で設定できることが多いです。

ただし、トップ画像やロゴ画像はテーマ独自の設定画面もあるので、使用しているテーマのマニュアルに沿って設定することをお勧めします。


コント投稿設定

WPを主にブログ記事運営に使おうと思っている方にとってはコメントも大事な要素です。
とはいえ、コメントを受け付けるかどうかは運営者自身が判断してあってもなくてもどちらでも問題ありません。

コメントの設定は「設定」の「ディスカッション」の中で細かく設定することが可能です。
WPのコメント設定

カテゴリ設定


カテゴリ設定について、サイトを成長させていく中で何度も変更していく可能性はありますが、できれば最初にサイトの方向性を決めるためにも、目次のようにサイト内のカテゴリ設計をしっかり考えてから記事を書き始めることをお勧めします。

カテゴリ設定については、WP管理画面サイドメニューの「投稿」の中に「カテゴリー」がありますので、こちらから設定できます。
WPカテゴリー設定
カテゴリー名を日本語(英語でもいいです)で、設定しスラッグは英語表記(ローマ字でも)で設定することをお勧めします。
WPカテゴリー設定
カテゴリーはまずは自分のサイトのテーマに合わせて5~10程度を決めて作ってみることをお勧めします。
本の目次のように自分がこれから作ろうとしているサイトの内容を整理するためにも記事を書き始める前にカテゴリー設計を考えてみてくださいね。

OGPなどSNS設定(プラグインを使う場合もあり)


OGPやSNS設定も大変重要ですが、こちらは使っているテーマによっては既に設定されていることも多いです。
最近のテーマは本当に多機能ですが、テーマごとにやり方も異なるので、これはご自身のテーマのマニュアルなどを調べてみることをお勧めします。

よくわからない場合は、サルワカさんの最新記事が最もわかりやすいので、丸投げさせていただきます。

参考リンク【2020年版】Twitterカードとは?使い方と設定方法まとめ


サイトマップXML設定(プラグインを使う場合もあり)


WPの初期設定でSEO対策のためにやっておいたほうが良いのが、サイト全体の案内図であるサイトマップ(XML)を作っておくことです。
これはGoogleなどの検索エンジンロボットさんに向けたサイト全体の案内図です。

https://sukina-koto.com/sitemap.xml
というURLで見ることができますが、サイトにある記事がずらーーーーと並んでいます。

WPのサイトマップ
このサイトマップを作り、サーチコンソールというツールを使って、Googleに内容をお知らせすることで、検索エンジンロボットさんに自サイトの情報を伝えることが可能になります。

サイトマップはテーマによってはテーマ内の機能ですぐに作れるものもありますが、プラグインを使って簡単に設定できます。
上記の写真は「All in One SEO」というプラグインを利用して作ったサイトマップです。

フッターのコピーライト設定

最後に細かい部分ですが、気になる方もいるので一応チェックしておきましょう。
サイトの一番下、フッターの部分に出るコピーライト表記です。

「Copyright © 2020 nyan Corporation. All Rights Reserved.」

みたいなやつです。
これは実はあってもなくてもよいのですが、自分が出したいように出ているかだけチェックしておきましょう。

WPフッター設定
フッターのコピーライトの設定は、テーマによってはテーマ独自のメニューなどで設定できますが、できない場合は「外観」→「テーマの設定」→「フッター」→「テーマフッター (footer.php)」の中で編集することは可能です。

ただし、初心者さんはあまりテーマの編集を行うことはお勧めしないので、どうして自分で変えることができない場合はデフォルトのままでしばらく運用しても問題ないと思います。


上記の内容を一通り設定しておけば、ひとまずWPの初期設定は完了です。
ほかにも細かい設定はたくさんあるのですが、初心者の方は上記を網羅しておけばそんなに困ることはないかと思います!


MINI Suki Koto Log
使うテーマによって初期設定の内容は異なりますが、上記の内容ができているかを確認すれば漏れなく設定できると思いますよ。

  


更新情報をお届けします!(=ФωФ=)

最新情報をお届けします

フォローという手もあります!(=ФωФ=)

Comment





Comment